24時間、女性としての美しさと輝きを楽しみながら引き出してくれる唯一無二の天然素材「ハーブ」。そんなハーブを、毎日の暮らしに手軽に取り入れることができる、美味しい料理やハーブティーを季節ごとにご紹介!ほんのちょっとプラスするだけで、美しさや健康を引き出してくれるハーブ生活を、どうぞお楽しみください。
 
秋風が吹いたと思えば、30℃を超える真夏のような暑さが続いたりと10月といえども体の
“冬じたく”がなかなかできない今の時期。「朝起きるのがつらい」「体がすっきりしない」「なん
だかだるい」と感じる方も多いのではないでしょうか。
とくに例年以上に暑さが厳しかった夏の疲れもどっと蓄積していて、
ピークに達している状態。そんな疲れが溜まりやすい時期におすすめなのが、
 
食欲増進 解熱作用 眠気覚まし 冷え症改善 消臭効果 抗ストレス効果 そうめんや冷奴の薬味に使用したりと、夏の食材のイ メージが強いみょうが。でも秋のみょうがは、“秋みょ うが”と呼ばれ、実はふっくらと大きく、香り・味とも に、夏のものよりも格段に優れているんです♪口の中 に入れたときのふわっと香るさわやかな香りの正体 は、α-ピネンという精油成分で、これが食欲を増進さ せて体に溜まった毒素を解毒し、疲れをスッキリと解 消してくれます。さらに、食べるだけでなく、きざん でお風呂に入れると、血行を促して冷えを改善したり、 お肌をくすみのない明るい肌へ導くといった嬉しい 効果もあります。今年は秋みょうがをたくさん食べ て、健康と美しさを育んでいきましょう♪
 
秋に旬を迎える鮭には旨みだけでなく、髪やお肌が受けた夏の疲れを取り除く、タンパク質やビタミン類がた~っぷり♪さらに秋みょうがのさわやかな香りとピリっとした辛味が、南蛮漬けの美味しさをグレードアップさせてくれます。見た目にも鮮やかで、カラフルな野菜とコクのある酸味でお箸が止まらなくなること必至です!
・秋鮭……………………………4切れ
・ピーマン(乱切り)…………1個
・赤・黄パプリカ(乱切り)…各1/2個
・玉ねぎ(スライス)…………1/4個
・みょうが(スライス)………1本
・しょうが(千切り)…………1片
・ガーリックパウダー………適量
・塩・こしょう…………………少々
・小麦粉………………………適量
・揚げ油………………………適量

〈南蛮タレ〉
・薄口しょうゆ………………大さじ3
・みりん………………………大さじ3
・砂糖…………………………大さじ1と1/2
・料理酒………………………大さじ2
・塩……………………………ひとつまみ
・唐辛子(小口切り)………1本
・酢……………………………大さじ3
・ごま油………………………小さじ1
①南蛮タレは、材料を合わせて一度沸騰   させておきます。 ② ピーマンとパプリカは素揚げに、鮭は   一口大に切って、塩・こしょう、ガー   リックパウダーを振り小麦粉をまぶし   て180度の油で揚げます。 ③ ②とみょうが、しょうが、玉ねぎを南蛮   タレに1時間ほど漬けて出来上がり。