• HOME
  • 視覚障害者自立支援への取組み
 
視覚障害者自立支援東日本大震災復興支援への取り組み 福祉活動支援への取り組み 青少年育成への取り組み

全国には、視覚に障害を持つ方が約164万いると言われています。そのうち、約92万人の方が何らかの介護を必要としており、失明者は約19 万人にのぼります。視覚障害のある方の多くは一人で歩くことが出来ないため、自宅に閉じこもりがちになったり、日常の買い物にも不自由しているのが現状です。

福岡にある「視覚障害者自立支援協会」は、このような視覚障害のある方々を支援するために設置された協会です。「視覚障害者自立支援協会」では、「オーデコ」という視覚障害者が一人で歩ける歩行補助器の無償貸与により、一人でも多くの視覚障害者が社会参加し、自立できるように支援活動を行っています。

 

募金自動販売機の社内設置

アヴェールでは、同じ福岡にある同協会の福祉支援に共感し、何らかの力になれればとの想いから、「募金自動販売機」の社内設置を行い、利用促進を図っています。「募金自動販売機」でコーヒーやジュースを買うと、1本につき3 円が募金され「オーデコ」の取得支援などに活用されます。

アヴェールでは、今後も「私たちが社会のために出来ることは何か」を問いかけながら、福祉支援の参画について、誠心誠意取り組んでまいります。